読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある30のおっさんのぼやき帳

主にゲームの話とか書いてます。

不倫騒動後のベッキーから「仕事に私情を持ち込まない」ことを学ぶ。

日記 ニュース

大学時代、バイトの先輩に恋愛のお悩み相談に乗ってもらったことがあったが、

「君の恋愛が成功することを祈るけど、仕事に私情を持ち込まないようにな。」

と言われたことがあった。
それから10年近く経った今、自分はその言いつけを守っているだろうか?(多分守っていません。)

さて、今朝、不倫騒動の渦中にあるベッキーがMCを務めている「にじいろジーン」が放送された。
昨晩から「ベッキーは出てくるのか?」とネットでは騒がれていた。
だけど、彼女は何事もなかったように番組には出演し、自分の仕事をこなした。
その姿を見ていると、昔バイトの先輩に言われた「仕事に私情を持ち込まない」ことを思い出した。

自分がベッキーだったら、番組は出ない。
そりゃプライベートで大きな問題があったらまずそっちの方に専念しますよ。
でもね、ベッキーの今日の振る舞いを見るとね、「仕事は仕事。プライベートはプライベート。」というプロらしい振る舞いだったんよね。
「口ではなく行動で示す。」そんな印象を受け、納得できたので、「離婚届=卒論」以外はこれ以上何も言わないことにした。

コンビニの店員がレジを打ち間違えた際、どう思うだろうか?
私の場合、間違えていることを指摘した後に仕事をキッチリしてくれれば特に言いません。
今回の騒動後、ベッキーは仕事をきっちり行った。
ゲスの極みの乙女の川谷は「ロマンスがありあまる」とかいい曲作っているんで、これからいい曲も作ってください。
仕事はちゃんとやってください。プライベートは見えないところでお願いします。

「仕事に私情を持ち込まない」そんなことを久々に思い出し学んだ今日の朝でした。