読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある30のおっさんのぼやき帳

主にゲームの話とか書いてます。

ウメハラが賞金約730万円をアメリカの大学へ全額寄付した話

格闘ゲーム界の"生ける伝説"やTheBeastなどの異名を持つウメハラこと梅原大吾さんが先日の大会で得た賞金6万ドル(日本円にして約730万程度)を寄付したという情報がが。

上記の記事によると、寄付した理由は以下のとおり(原文をGoogle翻訳)

私はコミュニティにカプコンプロツアーファイナルからすべての私の賞の賞金を寄付したいと思います。私は、コミュニティなしで存在していないだろうと私はあなたを借りているのでそれは単にです。私の "プロ"ゲーマーの生活は私にこのような貴重な経験を与えています。私は自分自身は、世界中のトップ選手と戦うためにすべてを与えると会って、世界中のファンに従事することを得ます。私は聴衆に私のゲームプレイ、コミュニティを通して自分自身を表現することができます。あなたが格闘ゲームで相手を必要とするのと同じように、コミュニティは私に同様に重要です。

私のプロのゲームの寿命がSFIVを始めています。CPT決勝は私の人生の1章を締結することでした。私は毎日懸命に働きました。私はたくさんの増加となりました。私は一年以上のプロセスでとても楽しい時間を過ごしました。私は満たさ感じました。コンテンツなので、私は決勝に来ました。私は、任意の賞を獲得したした場合、私は私のすべてのこれらの時間を支持してきたコミュニティ、それをお返ししたいと思うことを考えていました。だけでなく、私が賞を獲得することができました、私は私のゲームをプレイし、自分自身を表現することができました。私は偉大なマッチを持っていた、と私は偉大な楽しみを持っていました。

要は、EVOとかのコミュニティがあるからこそ自分は存在し、世界の強豪プレイヤーと対戦する機会を作ってくれた。それに対して恩を返したいといった感じでしょうか?

彼はゲーマーの社会的地位や知名度向上のためにメディア出演や書籍の出版、トークショーや講演など幅広く活動している人なので、その活動の一つということなんでしょう。素晴らしい。

ただ彼ばかりにゲーマーの社会的地位や知名度向上のための活動を任せっきりにするわけにはいかないので、ゲームを愛する一人ひとりが彼とともに行動していきましょう。

だって、ゲームは一人でするもんではないでしょ?

ウメハラ FIGHTING GAMERS! (1) (角川コミックス・エース 488-1)

ウメハラ FIGHTING GAMERS! (1) (角川コミックス・エース 488-1)