読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある30のおっさんのぼやき帳

主にゲームの話とか書いてます。

ガンダムを語り合えるような人になれればいいんじゃね?

先日読んで、「なんかなー」と思った記事。

一番モヤッとしているのはガンダムオタクを名乗るには一体何作見ればいいのか?」という所。
言い換えればリア充となるためには一体リアルをどんだけ充実すればいいのか?」だ。
答えは無く、はっきり言えば、一体何の意味があるのか?が引っかかる。
僕の中では語り合えるような会話ができるようになれば十分と思ってる。

インプットよりアウトプット

何作を見れば・・・というより、会話として話題に出せる方が重要だ。
仕事でもそうだけど、知識は持っていても使えなければ意味が無いのよねー。
何処で使えるかはわからないけど、この話がしたい!ってのがあれば、それを話題に出せばいいんじゃないかと。
コミュニケーションは大事。

ガチで話せる場所がどこにあるのか?

知識を使える場所が一体どこにあるのか?
友人と話をした時にガンダムの話が出来るかもしれない。でもその人より上に行ってしまったら、聞く方は相当つらい。
そんな場合はガンダムが好きな人が集まるバーとかで話せばいいんじゃないかと。
ただそんなバーが近場にあるかといえば、そんなにあるわけではない。(都市はあるっぽいけど)

以上のことを思いましたね。あの記事読んで。
ガンダムは奥が深いが、女の子と話す時は最近のガンダムの話をするほうがいい。
あとオタクはだいたい距離感を考えずに話をしない。
ちゃんと考えて話をしないと、どんな人でもウザいのでご注意を。

最後にサンダーボルト凄く楽しみにしてます。菊地成孔が音楽担当しているので。


「機動戦士ガンダム サンダーボルト」第1話PV(long ver.) - YouTube