読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある30のおっさんのぼやき帳

主にゲームの話とか書いてます。

誰かとゲームする温もりを知るためにゲームBarへ行く

日記 ゲーム ゲームBar


昨日、ゲームに関する記事で良いなと思ったのがこれ。

人とゲームをするのは楽しい。だけど、最近スマホゲーやネット対戦が普及したことにより、誰かの家に集まらなくても一緒にゲームができる。
会話したいのなら、SkypeなりLINEなり何かのツールを使えば可能。
だけど、何かが足りない。ゲームはしているけども、友達とスーパーファミコンやらニンテンドー64をやっていた頃と何かが違う。

足りないものは何か?僕が考えるに「温もり」だと思う。
同じ部屋でゲームしてたあの頃は、会話しながら相手の表情とか観れてたし、楽しい空気もあった。その効果でゲーム自体も楽しかった。
SkypeやLINEを使っても会話は出来る。相手の表情や吐息、そして感情ってのは伝わりにくく、冷たい感じはあり、ゲーム自体も飽きやすい。
「同じ部屋でゲームするってのはその要素が全て揃ってて、あの頃のゲームが未だに遊ばれている
誰かの家に集まって遊ぶのが主流だったあの頃のゲームが面白くて、最近のゲームが糞面白くない理由はそこにある

で、スーパーファミコンやらニンテンドー64をしてた世代が大人になった今、誰かと同じ部屋でゲームする機会が少なくなったけど機会は無くなったわけではない。
最近、私が誰かとゲームするために訪れているのがゲームBar。

f:id:yu_dachi1408:20150515111810j:plain

Barだとお酒が苦手な人には行きにくいが、ゲームBarだと敷居が低くなり、所によってはソフトドリンクでも許されるところはある。というか客なんだから気にせず好きなモノを飲めばいい。
ファミコンスーパーファミコンといった昔のゲーム機意外にも最新のゲーム機を揃えているところもあったり、ゲームソフトの持ち込みを歓迎しているお店もある。モノポリーなどのボードゲームもおk。

行くと、友達の家でゲームしてたあの頃の感覚を思い出すんよね。
写真では「ヨッシーのたまご」をやっているが、「これどうやってやるんだったっけ?」とか色んな会話が生まれたり、対戦も白熱したし、ゲームがいつもより面白く感じた。
最近のゲームに足りなかったのはこの感覚だと思った。

今では私、某ゲームBarの常連の一人になり、ゲームを通してそこから新たな人間関係が出来たり、良きライバルもできました。
ただゲームバーってのは何処にでもあるわけではないので、ここを見るか。

自分の足で探さないと見つかりにくいかと思う。
またゲームバーに行かなくても、ゲームをするんだったらゲームセンターでも誰かとゲームで遊んだり、会話することはできる。

やはり誰かと同じ場所でゲームするのは楽しい。今のゲーム業界に足りないものはそこだと思っている。
機会があったら、ゲームBarでやる良いゲームを紹介したい。

余談
ちなみに私がよく行くゲームBarには、

f:id:yu_dachi1408:20150515113959j:plain

SHARPスーパーファミコン内蔵テレビ SF1がある。

まんがでわかる 7つの習慣

まんがでわかる 7つの習慣