読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある30のおっさんのぼやき帳

主にゲームの話とか書いてます。

セガが今でもあの頃と変わっていない話。

日記

f:id:yu_dachi1408:20150322131513j:plain

最近読んだ記事。

「ゲーム機を出してた頃のセガ」の話は、私が最近よく通っているゲームバーでよく聞く話。
そしてたいてい「あの頃のセガは未来を見すぎていた。」と同じことを言う。
そんな話を聞いているとね、仕事の上司とかが「あの頃は良かったなぁ。」という昔話と同じで、今のことは全く話さないんですよね。
話したとしても、時代に合っていないことを言い始めるので、ムーディ勝山レベルで受け流したいところだが。

ここで私の話をすると、セガソニーのハード戦争が始まった初期にセガサターンを買い、ドリームキャストまで買うというセガ派の人間だった。
セガがゲーム機から撤退した以降、セガとの接点は無くなったわけではなく、セガのゲームには今でもお世話になっている。あとセガ直営のゲーセンも。

話を戻すが、今のセガってどうなのか?と考えると、僕が知っている範囲だと今でもあの頃と全然変わっていない所をよく見る。
例えば、最近セガが出したゲームでびっくりしたのは実はこれ。


え~でる すなば - YouTube

有り得ねぇぇ!とゲームセンターで砂場遊びが出来るようになりました。
それも砂場にプロジェクションマッピングとか採用してて、これは凄い内容だった。
自分からやる気は無いけど、トイレッツといいセガでしか出来ない発想だった。(※トイレッツセガです。)

その他にアーケードゲームに関しては色々とやってたりする。
コードオブジョーカーは、基本プレイ無料でゲームが出来る。(ぷよクエもだが)
ボーダーブレイクやワンダーランドウォーズはFPSやMOBA等のネトゲで流行りのジャンルをアーケードゲームに変換し、さらに日本向けに作り替えており、PCよりやりやすくしている(※個人の感想です)

次に家庭用ゲーム・・・といってもこれもアーケードゲームだったが、

電撃文庫 FIGHTING CLIMAX

電撃文庫 FIGHTING CLIMAX

 

 このゲームに関しては、普通の格闘ゲームじゃん!と言われるかもしれないが、このゲームの各キャラのコマンドがほぼ統一されているのはびっくりした。
「誰でもやりやすいように」という意図があるそうだが、格ゲー再生上重要なヒントの一つに見える。(個人的な意見として)

そんな感じで未だにセガってのは、今でも色んな事、特に「有り得ない」ことに挑戦している企業だと私はそう感じている。
家庭用ゲームの部分を見る限りだと確かに元気が無いように見えるが、セガのゲームってのはアーケードが主体でもあるので、全体的に見ていく必要はある。
今の地点では、私は「あの頃と変わっていない。」と思っているので、これから先もきっと大丈夫な会社です。

そして今日も私はセガのゲームセンターでお金を費やすのである。
あと最近出たワンダーランドウォーズは本当に面白いのでオススメします。

若い力 -SEGA HARD GIRLS MIX-

若い力 -SEGA HARD GIRLS MIX-

  • セガハードガールズ
  • J-Pop
  • ¥250