読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある30のおっさんのぼやき帳

主にゲームの話とか書いてます。

おそ松さんの景品はいつもこんな感じで残る

ゲーセン日記 日記

※あくまで私が住んでいる地域での話です。
f:id:yu_dachi1408:20160309204543j:plain

今週からファミリーマートでおそ松さんキャンペーンがまた始まった。

行ってみたら、近くのファミマでもクリアファイルは無くなってた。
一方、オリジナルクリアコースターというと、

f:id:yu_dachi1408:20160309204523j:plain

またおそ松チョロ松が残ってやがる・・・。

「また?」というと、景品が同じ残り方をしているのを何度か目にしたことがある。
先日、ゲーセンにて、

f:id:yu_dachi1408:20160309204907j:plain

おそ松とチョロ松、そしてトト松が残ってた。

次の日、別のゲーセンで、

f:id:yu_dachi1408:20160309205020j:plain

またもやおそ松とチョロ松だった。

という感じでこんな状況によく出くわす。
幸いにもおそ松とチョロ松以外が残っている所もあったが、私の行動範囲内だと

カラ松>一松>十四松>トト松>チョロ松=おそ松

の順に無くなってたね。
どういう経緯でこんな順になっているのかはよくわからないけど、人気ですね本当。

ちなみに私はチョロ松が好きなので、残り物には福があるという感じで取らさせていただいております。

【Amazon.co.jp限定】SIX SHAME FACES ~今夜も最高!!!!!!~(メーカー特典:描き下ろしアナザージャケット付)(デコステッカー付)

【Amazon.co.jp限定】SIX SHAME FACES ~今夜も最高!!!!!!~(メーカー特典:描き下ろしアナザージャケット付)(デコステッカー付)

 

 

【ネタバレ注意】センター試験後の人生

日記

新年になり、正月が終わり、成人式が終わると、次はセンター試験と新年からイベントが目白押しだなと毎回思う。
そんなセンター試験、2020年には終わるらしい。基本1発勝負な試験もようやく終わる。
けれど、あと4年間は基本1発勝負な試験が続くということだ。
受験してから10年近く経った今思うのは、あの試験で人生が勝つとか負けるとか思ってたけど、人生ってなんとかなるもんだ。

学名は単なるブランド名でしかなかった。

センター試験は国立大学とかの進学の決め手となるけど、行った後の事を考えたら、人にブランド名がついただけだったなぁと。
松阪牛から生まれたら松阪牛となるが、大学は、進学した大学名が一生ついてまわる。
東京大学を卒業したら、東大ブランドの人間となるし、
長崎ウエスレヤン大学を卒業したら、長崎ウエスレヤン大学ブランドの人間となる。

要はオタクと同じく身につけやすいファッションなんだよね。
ただ東大ブランドでもブラック企業に就職して、体壊して社会に復帰できない人もいるし、Fランク大学出た人が順風満帆な人生を送る。まるでヤンキーの方が良い人生を送っているかのように。

だから良い大学に行けば、良い人生になるとは限らない。

大学は行ってみないとわかんなかった。

この時期って、大学生活に夢を見たりするだろうけど、そんな生活を送れるが順調に行えるのは思い上がりだから期待はしない方がいい。
入学式以降、学校に合わない人は退学するだろうし、ブラックバイトで死にかけるだろうし、うまくいく人とうまくいかない人に分かれる。高校生活もそんなもんだったでしょ?

ちなみに私は大学時代、最終的には胸くそ悪い終わり方をしました。
そういう人生だったと諦めました。

大学進学の報酬は『時間』。使い方を間違えると死ぬ。

旧世代の考え方的に「大学は遊ぶ所」と言っていたそうだけど、多分今でも「大学は遊ぶ所」だ。
遊ぶ時間があるってことは、大学に行けば、「自由に使える時間」を頂けるってことだ。

もし今、大学生に戻れるのなら、
・アルバイトを転々とし、3年目ぐらいからは事務所とかでバイトする。
・日本や海外の各地を回る
・自分の好きなことに一生懸命になる
ってことは絶対やりますね。
社会に出たらこういうことは全く出来ないし、大学時代に色々経験していると、超強力な武器になる。

ゲームはいいけど、オタク趣味に没頭し過ぎると、就職活動が結構苦になるのでご注意ください。

最後に

結局は私の「大学時代にこうするべきだった。」と今思うことは書いた。
後悔はあるけど、今は良い環境のところにいるので、人生ってなんとかなるもんだなぁと改めて実感。

それでも今の時代、正社員でも正直生活が厳しく、どうやったら儲けることができるかを考えないと死ぬなぁと思ってる。

センター試験で成功しようが失敗しようが、必死で生きようとすれば、良い方向に行くと思うので、頑張ってください。

あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか―――論理思考のシンプルな本質

あの人はなぜ、東大卒に勝てるのか―――論理思考のシンプルな本質

 

 

不倫騒動後のベッキーから「仕事に私情を持ち込まない」ことを学ぶ。

日記 ニュース

大学時代、バイトの先輩に恋愛のお悩み相談に乗ってもらったことがあったが、

「君の恋愛が成功することを祈るけど、仕事に私情を持ち込まないようにな。」

と言われたことがあった。
それから10年近く経った今、自分はその言いつけを守っているだろうか?(多分守っていません。)

さて、今朝、不倫騒動の渦中にあるベッキーがMCを務めている「にじいろジーン」が放送された。
昨晩から「ベッキーは出てくるのか?」とネットでは騒がれていた。
だけど、彼女は何事もなかったように番組には出演し、自分の仕事をこなした。
その姿を見ていると、昔バイトの先輩に言われた「仕事に私情を持ち込まない」ことを思い出した。

自分がベッキーだったら、番組は出ない。
そりゃプライベートで大きな問題があったらまずそっちの方に専念しますよ。
でもね、ベッキーの今日の振る舞いを見るとね、「仕事は仕事。プライベートはプライベート。」というプロらしい振る舞いだったんよね。
「口ではなく行動で示す。」そんな印象を受け、納得できたので、「離婚届=卒論」以外はこれ以上何も言わないことにした。

コンビニの店員がレジを打ち間違えた際、どう思うだろうか?
私の場合、間違えていることを指摘した後に仕事をキッチリしてくれれば特に言いません。
今回の騒動後、ベッキーは仕事をきっちり行った。
ゲスの極みの乙女の川谷は「ロマンスがありあまる」とかいい曲作っているんで、これからいい曲も作ってください。
仕事はちゃんとやってください。プライベートは見えないところでお願いします。

「仕事に私情を持ち込まない」そんなことを久々に思い出し学んだ今日の朝でした。

 

地元でも十分なオタク生活できる話

オタク 日記

今日、映画館で傷物語を観終えて、ランチの際に見かけた記事。
この人の地元がどこかは知らないけど、仕事し始めたら今の生活と同じ過ごし方ができる保証あんの?とまず言いたい。
あと地方からわざわざかけつけてくる人の方が声優さんから見て印象に残りやすいぞ。

閑話休題

僕はこの人と違って、都会で住むより地元に戻った人間だ。
10年ぐらい経ち、イベントには参加しなくなったけど、アニメやゲームといったオタク趣味は何不自由もない生活を過ごせています。
地方でも十分なオタクライフの過ごし方をご紹介。

地方のアニメはBSデジタルやネット配信で充実している。

今、地方でも都市圏のアニメが平気で見れるのはBSデジタルとネット配信のおかげですな。
最速放送ではないけども「見る」ことが目的ならばこれで十分だ。
「最速放送じゃなきゃ駄目」というけど、Twitterの実況を見る限り、BSデジタルの放送の際に実況している人らがいるのでその人らに混れば?と思う。

Amazonが届かない所なんてない。

グッズを手に入れるにしてもAmazonだったらどこでも届けてくれる。注文した翌日には届くしね。
だいたいAmazonで買うほうが安いし、わざわざお店まで行って買おうとは思わない。
多少届くのが遅れることはあっても、ものはちゃんと届く。

また最近、Prime会員だったら、音楽と映像が視聴し放題になったし、Amazonは便利だわ。

同じ趣味の友達はネットで調達できる。

地方に帰ると、同じ趣味の友達が激減するか激変するかのどちらかだけど、ネット上でも友達できますよね。
Twitterなんかすごい簡単じゃないですか。いい感じの人にフォローすれば終わりなんですから。
そしてコメントとか寄せればお友達になれる。
だからわざわざ地方で友達を新たに作るよりはネット上の薄い関係での友達を持っていたら気が楽ですよ。

一部のゲームは地方民が難民化する。

唯一地方で問題があるのは、ゲームのほうだ。
スマホゲーやブラウザゲー、スプラトゥーンなどの人気のゲームは地方でも全然問題はないし、攻略情報はWiki見れば問題ない。

だけど、一部のゲームは地方にとっては辛い。
例えば、格闘ゲーム。地方のゲームセンターはそんなに人が集まるわけではなく、都会と比べれば、情報量に圧倒的差がある。
その場合、自ら遠征をしないと厳しい。
特にレトロなアーケードゲームは超大変です。攻略情報がネット上にも無くて辛い。

最後に

「都会と地方に住むとしたらどちらがいいですか?」という結論は無いけども、まずは最低限文化的な生活が送れる場所を探すことかなと。
安定した収入を得られるようになってから、自分の好きなように生活すればいいと思う。
ただ地元に帰りたくないのなら、親の介護とかをどう対処するかも考慮しなくてはならなくなるぞと。

今地元で暮らしてて、のんびり働いています。
お金は貯まる一方だけど、たまに都市圏へ遠征するぐらいの方が僕にはちょうどいい。
これがわかるようになったら、もっと楽に生きれるはず。

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)

 

 

婚期が遠のきそうな女性の趣味No1決定戦

日記

先日、友達と女性の趣味について話をしていた。

【男性編】付き合うの嫌!な恋人の趣味ランキング|「マイナビウーマン」

上の記事の趣味に関しては、女性がやっていても別になんとも思わなく、かなり普通。
アイドルの追っかけなんか男がやっている方が凄く気持ち悪い。
これをしていたらドン引きする趣味ってなんだろうか?と討論していると、一つの結論が出た。

それは

昆虫採集

昆虫採集している女子自体がレアではあるけど、趣味として公言されると正直ドン引く。
理由はワイルド過ぎる。野生児か。
家に行ったら、虫カゴがやたらある光景を想像したら、気持ち悪くてうわぁ・・・と思っちゃう。

男ならまだ許せる・・・(といっても女性でも無理)だろうけど、やっぱりニッチな趣味って結婚や恋愛に影響を与えそうだなぁと友だちと話をしていて思った。

もし「こんな趣味の女性は嫌だ!」というのがあれば、教えてください。

DVD付 新版 昆虫 (小学館の図鑑 NEO)

DVD付 新版 昆虫 (小学館の図鑑 NEO)